痛さが気にならないインビザライン治療|きちんと治して歯キレイ

女性

なぜ違和感がないのか

歯医者

歯を失う事によって、日常生活には色々な支障が出てきます。なぜなら、歯の存在は当たり前のようでありながらも、非常に重要な役割を果たしているからです。食事をする時にも大切なのが、歯です。この歯の存在によって、食べ物を噛み切る、噛み砕く、味わう等ができます。歯がなくなってしまうと、このような動作が難しいです。その為、食事を十分に楽しめないという支障にも繋がります。しかし、このような状態は改善できないものではありません。これは、歯科によって行なわれるインプラントという治療によって改善できます。インプラントの特徴は、天然歯と変わりのない歯を再生できる事です。つまり、治療を終えた後も普段の生活の中で違和感を感じる事が少ないのです。なぜこのように違和感がないのかというと、インプラントの治療方法に理由があります。その理由とは、インプラントは失った歯をそこへ着けるのではなく、骨に埋め込むからです。性格には、フィクスチャーという人工歯根を顎の骨に埋め込みます。そして、埋め込まれたフィクスチャーの上に人口の歯を取り付けます。インプラントがなぜ違和感のない歯を作れるのかというと、このような埋め込むという構造で成り立っているからです。ちなにに、フィクスチャーと人口歯の間には、アパットメントというパーツが装着されます。このアパットメントは、フィクスチャーと人口歯を接続するためのパーツです。